自分のタイプを調べる!

エニアグラム質問表にトライ!

 

この質問表はあなたのエニアグラムでの性格タイプを

あなた自身が見つけていくのに役立ちます。

 

 

最近の自分を基準に解答するのではなく、できれば 20 歳前後の自分、

もしくは今までの人生の大半はそうであったと言う自分にチェックして集計して下さい。

あまり時間をかけずに気楽に解答して下さい。

 

 

なお質問表だけでは、自分のタイプを見つける可能性は 50%以下です。

自分勝手な自己分析や他の人の分析をしないように注意して下さい。

 

※無断転載禁止 ※出典『9つの性格』鈴木秀子著PHP より

 

 

 

 問題は全部で180問あります。

 


 それではスタートしてみましょう!

 


タイプ1

  1. 自分の欠点を改めるために努力する。
  2. 物事が、きちんとしていないと、いらいらすることがしばしばある。
  3. 時間の浪費と思われることをしたり、付き合ったりすることを避けようとする。
  4. もっとよくやれる筈なのに、どうしてやれないのかと、しばしば自分も、周囲の人々も責める。
  5. 小さいミスや欠点でも気にかかる。
  6. くつろぐのが下手で、冗談や洒落が簡単に言えない。
  7. 頭の中で自分の物差しを自分にも他人にも当てて批判する。
  8. 他の人よりも取り越し苦労で、心配性だ。
  9. 全ての事に率直で正直でありたいと思っている。
  10. ウソやごまかしなど、人の道に外れたことはしたくないと思う。
  11. 物事は正しくあることが大切だ。
  12. する事がたくさんあるのに時間が足りず、いつも急き立てられている。
  13. 自分はどのように時間を使ったか、細かくチェックしてしまう。
  14. 几帳面で実直だが、小心者だと思う。
  15. 悪いことは、どうしても許せないと、すぐ思い込んでしまう。
  16. 物事が公正でないと悩み、当惑する。
  17. 向上心が強く、もっと向上しなければいけないと思っている。
  18. 他人に認められる前に、まず自分が完全でなければならないと思う。
  19. しばしば欲求不満に駆られる。この自分も、まだ完全ではないからだ。
  20. 正しいか誤っているか、あるいは良いか悪いか、という基準で物事を見ようとする。

タイプ1の質問でチェックをつけた数=「    」個


Type2

  1. 自分は多くの人に頼られていると感じる。
  2. 他人に奉仕することを大切に感じている。
  3. 「他人にとって必要な存在でありたい」といつも思っている。
  4. 多くの人々に親近感をもたれていると思う。
  5. 他人を喜ばせるような言葉をかけることがよくある。
  6. 人が困ったり、苦しい立場に立たされたとき、助けたくなる。
  7. 好き嫌いにかかわらず、自分の目の前にいる人の世話をしてしまう。
  8. 人々が慰めと助言を求めて、私のところにやって来て欲しいと思っている。
  9. 人に頼られることはうれしいが、ときどき頼られすぎて重荷に感じる。
  10. 自分自身のことは後回しにしがちだ。
  11. 人のためにしたことなのに、感謝されていないと思うことがときどきある。
  12. いつも誰かの“近く”にいることを感じていたい。
  13. 当然感謝されると思ったのに、感謝されないとき、自分が犠牲者になったような気がする。
  14. 「愛し、愛されることこそ、人生で最も大切なことだ」と強く感じている。
  15. 気持ちと気持ちが通じ合うとき、喜びを感じる。
  16. 人のために尽くすことによって、その人の人生に自分が大切な存在でありたいと思う。
  17. 人が私の力で成長してくれるのがうれしい。
  18. 困っている人を助けるために、自分の自由な時間をしばしば使う。
  19. 人が自分を気遣ってくれる以上に、人のために気遣っている。
  20. 周囲の人々の反応に敏感だ。

タイプ2の質問でチェックをつけた数=「    」個


Type3

  1. いつも何かしていることを好む。
  2. 仲間と一緒に働くのが好きで、自分自身、よい仲間でありたいと感じている。
  3. 仕事に対しては、正確で専門的でありたい。
  4. 物事を達成するには、組織化して、無駄なく効率的にやることを重視している。
  5. 自分は成功していると、いつも思っていたい。
  6. 明確に目標を定め、その結果に向かって、今、自分が何をしたらよいかをよく知っている。
  7. 達成表や点数など、自分がやり遂げた実績を示すものを好む。
  8. 私の物事を成し遂げる行動力を、他人は羨ましがる。
  9. 他人に対して、自分は成功しているというイメージを与えていたい。
  10. 自ら決断することを好むが、臨機応変に意見を変えることもある。
  11. 目標を達成するためには、時には相手に合わせて妥協する。
  12. 過去の失敗や間違いより、やり遂げたことを感じていたい。
  13. 自分のしていることがうまくいっていないと言われることが大嫌いだ。
  14. 何かを続けて行くことよりも、新しく何かを始める方が好きだ。
  15. 人から説得力があると言われる。
  16. 自分の仕事、役割を大切に思っており,有能な自分を感じていたい。
  17. 何事も具体化し、認められるように努力する。
  18. 他人と相対するときには、多くの成果を上げているイメージが大切だ。
  19. 物事を達成し、自己主張する人間と思われている。
  20. 第一印象は特に大切だ。

タイプ3の質問でチェックをつけた数=「    」個


Type4

  1. 多くの人々は、人生の本当の美しさと良さを味わっていない。
  2. 自分の過去に強い哀愁を感じる。
  3. いつも自然に、ありのままに振舞いたいが、それは難しい。
  4. 象徴的なものに、心がひかれる。
  5. 他の人は、自分が感じるように深くは感じていない。
  6. 私がどのように感じているか、他の人にはなかなか理解できない。
  7. 礼儀正しくいつも品位を保ち続けたい。
  8. 自分にとって周囲の雰囲気は大切だ。
  9. 人生は劇場で、自分はその舞台で演じているような気持ちだ。
  10. マナーの良さ、よい趣味は私にとって大切だ。
  11. 自分を平凡な人間だと思いたくない。
  12. 失われたもの、死、苦しみを思うとき、つい深い思いに沈んでしまう。
  13. ときどき、自分の感情をありきたりの形で表現したのでは、十分ではないと思う。
  14. あまりにも自分の感じ方に囚われて感情が増幅し、一体どこまでが自分の感じ方なのかわからなくなる。
  15. 人間関係がうまくいかないことに、他人よりも困惑する。
  16. 自分自身を悲劇の主人公のように感じることがある。
  17. なんとなくお高くとまっていると、人から非難されることがある。
  18. 感情の起伏が激しく、気分が高揚したり沈んだりするが、どっちつかずだとかえって生き生きした感じがしない。
  19. 人々は私が芝居がかっていると言うが、彼らは私が実はどのように物事を感じているか、何も理解してはいないのだと思う。
  20. 芸術や美的表現は、私の感情を表す手段として非常に大切である。

タイプ3の質問でェックをつけた数=「    」個


Type5

  1. 自分の感情を表現することは苦手だ。
  2. いつか役立つものと思って、ため込む傾向がある。
  3. 何ということもない会話をするのが苦手である。
  4. 総合的にものを見たり、いろいろな意見をまとめるのが得意だ。
  5. いきなり人から「今どのように感じているか」と聞かれても答えようがない。
  6. 日常生活で、プライベートな時間と場所があるとくつろげる。
  7. 自分が率先して行うよりも、他の人に任せる。
  8. 自分が直接かかわる前に、他人のしていることを観察する傾向がある。
  9. 他人を避けて、一人でいる時間が好きだ。
  10. 自分は他の人と比べて物静かだと思う。
  11. 自分から他人の方に出向くのが苦手で、頼み事も言いにくい。
  12. 問題が起きたら、自分で解決する方が楽だ。
  13. 自己主張することが下手だと思う。
  14. 考えることで問題を解決しようとする。
  15. 全体を見渡して状況をつかんで判断したい。何か見落としていたら、自分自身が軽率だったとして自分のミスを責める。
  16. 自分の時間やお金に関してもケチだと思う。
  17. 支払ったお金に見合うものが得られないときは不満だ。
  18. 自分でやっかいなことを引き起こすと、自分を“馬鹿だな”と思う。
  19. 話し声が静かなので「大きな声で話して欲しい」と言われることがある。
  20. 人に「与える情報」よりも、人から「受け取る情報」の方が多い。

タイプ5の質問でチェックをつけた数=「    」個


Type6

  1. ある種の権威者の側にいると神経質になる。
  2. 疑惑のために苦しむことがよくある。
  3. 明確な指針を持ち、自分の立場を知っていたい。
  4. いつでも危険を油断なく警戒している。
  5. 物事をまじめに考えすぎる。
  6. 何か間違いはないかと、いつも自問している。
  7. 批判を攻撃として感じることがしばしばある。
  8. 自分の配偶者や仲間が何を考えているのかと、くよくよ心配することが多い。
  9. しようと思えば身を粉にして働くことが出来る。
  10. 友人達は私のことを忠実で、人を支え励まし、思いやりがあると見てくれる。
  11. 私は非常に優れたユーモアの感覚があるとよくいわれる。
  12. 規則は厳密に守る、あるいは規則をよく破る。
  13. 親密な人との関係で弱い立場になればなるほど、いっそう心配性で怒りっぽくなる。
  14. 物事をぐずぐず引き延ばすか、さもなければ、がむしゃらに突進して、ときには危険な状況にも突っ込む傾向がある。
  15. 自分を誉めたりすかしたりして操縦しようとする人達は、すぐにわかる。
  16. 予測できることが好きだ。
  17. 自分で自分自身の成功を妨害してきた。
  18. よいときも悪いときも終始変わらず、他の人達を支えてあげられる。
  19. 身ぎれいにし、きちんと整頓しておけば、それだけ自分の生活を自分でコントロールしていると感じていられる。
  20. うぬぼれている人や野心的な人は好きではない。

タイプ6の質問でチェックをつけた数=「    」個


Type7

  1. 他の人と比べて、人を疑ったり、動機を詮索したりしない方だ。
  2. 何でも楽しいことが好きだ。
  3. 物事は、いつも良い方へ展開していく筈である。
  4. 他の人々が、私同様にもっと明るい気持ちでいればいいのにと思う。
  5. 他の人が、どう思うのかにはあまり関心がなく、自分はいつも幸福だと思っている。
  6. いつも物事の明るい面を見る。人生の暗い面には目を向けたくない。
  7. 出会う人にあまり敵意を感じない。
  8. ジョークや明るい話が好きで、暗い話は聞きたくない。
  9. 私は子供っぽく、陽気な人間だと思う。
  10. パーティーなどでは目立ちたがり屋の方だ。
  11. 「木を見て森を見ざる」なのは困ったものだ。物事は広い視野でとらえるべきだ。
  12. 「よいもの」は、「もっとよく」と強く思う。
  13. 悲しみは早く忘れよう。
  14. 何事も、暗い現実に目をつぶってでも「すてき」と言えるようなものにしたい。
  15. 苦労の生み出す「味わいのある人生」より「楽しさいっぱいの人生」を過ごしたい。
  16. 未来に対して情熱を失うことはない。
  17. 人々を朗らかにして、喜ばせるのを好む。
  18. 無理してでも、「嫌なこと」はできるだけ避けて通りたい。
  19. ひとつのことに集中するよりも、次から次へと関心が移っていく。
  20. 自分の子供時代を幸福なものだったと思い出すことができる。

タイプ7の質問でチェックをつけた数=「    」個


Type8

  1. 自分が必要とするもののために戦い、必要とするものを断固として守り抜く。
  2. 他人の弱点をすばやく見つけ、相手が挑戦してきたら、その弱点を攻撃する。
  3. 物事について不満を表明することはなんでもない。
  4. 他人と対決するのを恐れないし、実際よく対決する。
  5. 力を行使するのは痛快だ。
  6. グループの誰が権力を握っているのか、すぐ見分けがつく。
  7. 攻撃的で自己主張の強い人間だ。
  8. 物事がどのようになされるべきかを知っている。
  9. 自分のやさしく、上品で、柔和な“女性的な面”を容認することも、表現することも出来にくい。
  10. すぐに退屈する。動いているのが好きだ。
  11. 仁義と筋を通すことは、わたしにとって重要な問題だ。
  12. 自分の権威や権限の下にある者をかばう。
  13. 自分は“素朴な”人間だと思う。
  14. 一般に自己反省や自己分析はあまり関心がない。
  15. 自分は順応しにくい人間だと思う。
  16. よけいな世話をやかれるのが嫌いだ。
  17. 他人からとやかく言われて、自分を正すのは嫌だ。
  18. 自分は働き者だと思う。
  19. 物事をただ成り行きに任せることに抵抗がある。
  20. 他の人々は、それぞれ自分の問題をつくり出すと考える。

タイプ8の質問でチェックをつけた数=「    」個


Type9

  1. 多くの人々は、物事にあまりに力を使いすぎている。
  2. 狼狽しなければならないような出来事など、人生にそうあるものではない。
  3. たいていの場合、私は平穏平静だ。
  4. 何もしていないときが一番好きだ。
  5. 私はきわめてのんきな人間だ。
  6. この前、眠れなかった夜がいつだったか思い出せない。
  7. 多少の差はあっても、ほとんどの人はみんな同じだと思う。
  8. 通常、物事についてあまり興奮しない。
  9. 明日まで待てないというようなせっぱつまった気持ちになることがない。
  10. 何かを始めるのに外部からの刺激が必要だ。
  11. 何事によらず力を浪費するのが嫌だ。物事を行う際、力の節約を考慮する。
  12. 「そんなことで、わずらわせないでほしい」というのが私の態度だ。
  13. 私は感情に動かされない冷静な仲裁者だ。私にとっては、どちら側も同じことなのだ。
  14. 中途半端で落ち着かないことが嫌いだ。
  15. 通常もっとも抵抗が少ない道を選ぶ。
  16. 自分が安定した人間であることを誇りとしている。
  17. 人々を落ち着かせるために、相手に合わせて行動しようとする。
  18. 自分自身をそんなに重要な人間だと考えていない。
  19. 人の話を聞いたり、注意を払ったりするのが苦手だ。
  20. 座れるのになぜ立つのか、寝ていられるのになぜ座るのか」という考え方に賛成だ。

タイプ9の質問でチェックをつけた数=「    」個


書き出してみましょう。

チェックした数をタイプ別に書き出してみましょう。

タイプ チェックの数

タイプ1  

タイプ2  

タイプ3  

タイプ4  

タイプ5  

タイプ6  

タイプ7  

タイプ8  

タイプ9  

   

 数の多いものを中心にタイプ別の特徴を見てみましょう。