自分を知ることは・・・


自分を知ること

未来創造塾の核となっている学びは

 

「自己分析」です。

 

みなさんはやったことはありますか?

 

 

 

 

書籍でもネットでも「自己分析」というキーワード検索では やはり圧倒的に「就活」に関するものがしめている印象があります。

 

意味をネットで調べてみても、 

 ”自己分析(じこぶんせき)とは、自分を探るという作業である。”

の下には、

 

”就職活動のための自己分析”

就職活動における自己分析とは、自分自身の過去の体験を振り返ることで行う自己分析であり、就職活動の出発点とされる。自己分析を行うことで、自身はどんな仕事がしたいか、どんな仕事が向いているか、どんな会社に行きたいかなどといった事柄を認識、理解する。

(出典:Wikipedia)

と、「就職活動のための」わざわざ説明をしています。

 

就活のサイトを見ていたらいくつか同じ表現がありました。

「企業側の疑問にうまく答えるために ・・・」

自分がどんな学生なのか?

自分はここで何をしていきたいか?

何にチャレンジしていきたいか? 

自分のこれまでの時間から探りまとめてみることで気づくともたくさんあるはずです。

ですが、企業側の疑問質問に上手く答えられるための・・・では少しもったいないもしれませんね

もっと広い世界から自分を見てみること。そこに気づいていない見えていない可能性にあふれた自分との出会いがあるのですから。

 

晴れて就職をしても、そこから長き人生を生きるのはあくまでの「自分」です。

 

 

**********

本当の自分は・・

**********

 
先日受講の感想を一人の青年から頂きました。

きっと彼も就活のための自己分析をやって、今の仕事を勝ち取った一人かもしれません。

 

20代半ば・・・

 

彼の言葉(一部)です。

歳を重ねるにつれ求められることが多くなり、自分の気持ちを抑えて人に合わせてばかりの生活を送っていると、ふと「自分は何をやってるんだろう」と思うときがあります。自分がもぬけの殻になったような感じがして、生きている心地がしないのです。」

 

 

この自分にだけ聞こえている声

『自分は何をやっているんだろう?」

これこそまさに「自分を知る旅」のパスポートのようなもの。

柴崎はこう言います。

「自己分析とは自分のこころの声を聴く事」と。

 

そして彼は柴崎の講座を受けにきたのです。

その後の彼は・・・

 

ぜひこちらをお読みくださいね。

彼の感想を全部読む

 

彼の言葉の中で私の中で印象に残った言葉

”前より人生が楽しくなりました”

うれしいひとことです。